更新日:

10年前の始まり

その頃は、およそ10年ぐらい前でした。私の知人から実際に金融商品を購入して、結構な額で儲けた話を聞いていました。その知人は一度ではなく、何度も、それも具体的に話してくれていました。そういう方が一人ではなく、数人いましたので、そのような商品を扱っていくことはそんなに怖いものでもないのかなと思い始めていました。ただ、それ以前に私の身内がそのような商品で大損をしたことをも知っていました。退職金のほとんどをつぎこみ、利益を見越して購入した外貨を為替の関係で失ってしまったというケースです。それを聞いたときは、気をつけないとと自分ごととして受け止めていました。

いよいよ投資スタート

その後、年月が流れ、その知人の影響もあり少しずつ株や為替に興味が出てきて、関連する本などを読み、ネットで調べたりして知識も増えていきました。手持ちのお金も少ないので、まずはシュミレーションとしてゲーム感覚のようにバーチャルでできるサイトも多くあり、練習のつもりでやってみました。するとなかなかいい結果で、これならいけそうだと思いきってFXに投資してみました。一番なじみのある米ドルと日本円の組み合わせで、外貨を購入し、高くなったら売却してその利益を得る、または持っている期間の利息を得るといった商品を試しました。最初は、やはりビギナーズラック。あっというまに数万円の儲けになりました。友人の言った通りだと、感謝の気持ちまで抱き、しばらくは損することなく取引していきました。

投資を続けた結果は

しかし、そんな時期も長く続くわけがありません。リーマンショックで、買ったものがどんどんと値を下げて行きました。そろそろ下げ止まるだろうと思い、いろいろな値段ごとに購入していき続けた結果、500万円を超える額にまで膨れ上がってしまいました。どこまでマイナスになったら一挙に精算するというルールを事前に決めておくシステムでしたので、それを超えた時点で一瞬のうちに画面上から私の購入額分の外貨が消えてしましました。しばらくはショックで、ただただ呆然とするばかり。本当に精神的に良くないことだと身にしみてわかりました。

その後は

もう失ったものは戻らないと気持ちを切り替え、わずかなお金を安全な定期預金などに預け、何とか今の仕事の定年までには、そういった金融面での利益・損失の差し引きがゼロになるようになるようめどがつき、少しは安心することができました。この機会で、金融商品のリスクの高いことは素人がすべきことではないという教訓をいただきました。これからの人生、ずっと忘れないよう戒めていきたいと思っています。



来店不要の貸金業者にネットから即日融資を申し込んだ

消費者金融に申し込んだとき、直接、店に行くというのは選択肢は最初からありませんでした。というのは、まず消費者金融の社員と向かい合って契約したいというのは緊張するし、消費者金融の店に入ることだけでもちょっと気が引けたからです。なので、来店不要で借り入れが出来るところがいいと思いました。

出来ればすぐにお金を借りたかったので、即日融資が可能な消費者金融を探したんですが、探すまでもなく、有名な会社はほとんど対応していました。無人契約機を運営しているところなら、無人契約機でも即日融資してもらえるらしいとネットで読んだんですが、無人契約機に入るのもやはり緊張してしまうと思ったので、インターネットから申し込みをすることにしました(http://xn--hdks407xxop4o2bntg.biz/)。消費者金融のホームページから、融資を申し込むための情報入力フォームにアクセスして、名前や住所などを入力しました。

それほどたくさんの情報を書く必要はなくて、申込書の作成はかなり簡単でした。そしてフォームの内容を送信した後に、免許証のコピーをファックスで送信しました。消費者金融から電話がかかってきたのは、それから30分ぐらい後だったと思います。内容を確認した後に、審査結果についてはこの後に送るメールを見て下さいと言ってきて、その通りにしたら融資OKということでした。お金はすぐに口座に振り込まれて、本当に来店不要でお金を借りることが出来ました。



私のアイフル利用法

子供の教育費が増えていくにつれて、逆に私の小遣いは減っていきました。まあ給料が増えていないのだから仕方がないかも知れません。私は部署のマネージャーですので、部下と飲みに行ったり、パートの皆さんにジュースを奢ったりと、結構な出費があります。ですから本来なら困っていたでしょうね。

それでも特に問題なく過ごせているのはアイフルのおかげです。昔お金が足りなくなった時に利用したのがきっかけで、もうずいぶんと長い付き合いです。何かピンチがあるたびに助けてもらっていると言えば少々オーバーですが、実際にそんな感じなのです。 もう審査は終わっていますから、必要な時に必要な額を引き出すだけです。以前はカードでキャッシングしていましたが、最近ではネットで申し込んで振り込みしてもらうようにしています。スマホから操作出来るのでとにかく便利ですね。振り込みまでの時間もあっと言う間ですし。

私の利用法としては、前回のキャッシング分を返済し終えてから、次のキャッシングを行って良いという自分のルールを決めてキャッシングしています。そうすると返済が負担にならないのです。アイフルは金利も安いですが、大きな額でもない限りは一括で返済します。なので1ヶ月もすると次のキャッシングが出来るというという感じですね。 次回の利用はたぶん友人の結婚式が重なる来月です。お祝い額と小遣いの残りを計算してから、どのくらいキャッシングするかを決めたいと思います。